読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

erukitiのmiscなやつ

技術系とガジェット系以外

映画を映画館で見る理由

増田で 友達がいないから映画を見る必要がない という記事があって、僕的に全く同意できなかったのでそこらへん。

結論先に言うと、映画館の設備の良さと雰囲気を味わいながら2時間過ごして1800円(会員証だともっと安い)だったら、趣味としては凄くリーズナブルに感じるからという理由です。友達がいようといまいと全く関係なくですね。

さて、僕は映画館の会員証を作る程度には映画を見る人です。と言ってもガチで映画見てるクラスタとは比べものにならない少なさなので年間二桁はいかない程度 (平均6本くらいかな)。どういう映画を見てるか?というと大体はアニメ (と一部の特撮)、サスペンス、ハリウッド大作映画です。

シン・ゴジラは見に行くのどうしようかなー、様子見るかーと思って初日を迎えたらTwitterやSlackの雰囲気を見て、ものすごく嫌な予感をしたので翌日に見に行きました。嫌な予感というとちょっと変な言い方ですが作品そのものに嫌な予感がしたのではなくて、これ油断すると絶対ネタバレ食らうヤツやという確信めいたものです。まどマギの映画なんかも同じ理由で初日に行きました。僕自身はネタバレは人道の罪ととらえているので自分では極力ネタバレをしてしまわないように格別に注意を払ってるんですが、うかつな人や確信犯(誤用)はどこにでもいるし、有名な作品だとどうしても顕著になるんですよね。君の名は。は、公開してからすぐ行ったけど実はあんなに大ヒットすると思って映画館に行ったわけではなくたまたま見に行きたくなったから行ったという程度の理由でした。

他のアニメ映画だと、ズートピア見たいなーと思ってたらすっかり見に行くの忘れててしょんぼりです(BD買ってもいいけどそれだとまた違う)。ガラスの花と壊す世界は、凄く好きな作品だけど、ほとんど話題になってなかったなー。去年は去年で、心が叫びたがってるんだ。とベイマックスとバケモノの子と、名作続きでとてもホクホクでした。2014年だと楽園追放とか魔女っこ姉妹のヨヨとネネが名作だったなーとか、語り出すとたぶん切りが無いというか延々好きなアニメ映画をリストアップするような感じになりそうです。(で、しかも老化で作品名を忘れたり現象とかが…)

ソーセージ・パーティー (公式サイト不明で ナタリーの記事 ) 面白そう。

サスペンスは、まぁテレビドラマも含めてサスペンス全般がこよなく好きなので映画館で見たいなーと思いつつも、あまりそっち方面のアンテナ感度がよくないので、適当に探して適当に見に行ってる感じです。今度やる映画だと、ミュージアム が面白そうですね。

この前沙粧妙子のDVD boxを買ったまま、まだ見てません。ちなみにTRPGのシナリオ作りには2時間サスペンスが役に立つというのが僕の友人の持論です。

ハリウッド大作映画は話題作が面白そうなら見に行くくらいのスタンスですが、基本的にはあまり何も考えずに銃撃戦や爆発を堪能できるような作品が好きです。

元増田の人は大分不可思議な固定観念が染みついちゃってるようで、若い人っぽいのに老害めいたものをまとってるなーとは思いました。それはさておいても、今の若い人、もしかして作品にお金を払うというの忌避感を覚えていたりでするんですかね?個人的には良い作品には金を払おうと思っています。良いアニメの円盤は無理のない範囲で買うことを心がけています (いわゆる無理のない課金、無課金)。映画館で映画を見るのは金を払うというにはささやかですけどね。iTMSとかで配信とか言っても画質、気にならないのかが不思議です。

とりとめもなく書きましたが、ポップコーンをボリボリ食いながら大きなスクリーンと迫力の音声で映画を見るの楽しいです。